サイトメニュー

考えておきたいことは何か

注射

基礎知識とメリットなどを考える

顔を小さくしたい女性は少なくありません。また、皺をなくしたい女性も 30代以降にはたくさんいるでしょう。この人たちの悩みを解決するためには、何らかの対策を打つ必要があります。対策の一つとしては、ボトックス注射を入れることです。ボトックス注射は、美容整形の中でも比較的手軽なものとされており、利用者が急増している傾向があります。この注射を打つ場合には、いくつか気にしておきたいことがあります。そのうちの一つが、注射の副作用です。副作用は、実際に起こりうる可能性はかなり低いですが、全くない訳ではありません。どのようなとき副作用が発生するかといえば、体調が悪い時に施術を行った場合です。体調が悪い場合とは、例えば発熱の状態で治療をするときです。37度以上の熱がある場合には、可能な限り美容整形をするのはやめておきましょう。予約を入れたとしても、別の日に振り替えをすることも可能になりますので、その天才しっかり理解していれば特に問題はありません。もう一つは、注射を打ち過ぎてしまった場合です。注射を打つのは医者になりますので、医者の知識不足が招く結果ですが、このような場合には何らかの問題が生じてしまうものです。注射を打ち過ぎて考えられる問題とは、筋肉のマヒした状態が続くことです。もともとは、ボトックス注射の役割が筋肉の細胞をまひさせてやがて筋肉を縮小させることにより小顔にしたりあるいは皺をなくしたりするものです。ところが一定の量を超えて打ってしまった場合には、顕著にその結果が出てしまい、必要以上に筋肉の働きが劣ってしまうでしょう。

ボトックス注射の副作用を考えるにあたり、一部副作用が出てしまったら一生その状態なのかと言われれば実はそのようなことはありません。基本的に日本で利用されているボトックス注射は、そこまできつい制約が使われているわけではないです。つまり効果はありますが、たくさんあったとしても命にかかわるようなこともなければ、一生その状態が続くわけでもないわけです。ボトックス注射自体は、その効果が半年程度続くといわれています。裏を返せば、半年も経過すれば元通りの状態に戻るわけです。注射を打ち過ぎたことにより、あごの部分が緩くなってしまい話しをすることに問題が生じた場合でも、最初の1週間ぐらいを脱すると、徐々に筋肉の働きが元通りに戻ってきます。3か月も経過すると、ある程度よい状態になるでしょう。そして半年も経過すれば、完全に注射の効果が切れますのでその状態で副作用が出ることはまずありません。このように考えれば、仮に注射をついてしまった場合でも、復活の見込みは十分あります。時間の経過とともに復活させることができるでしょう。副作用を防ぐためには、むやみに注射をたくさんしないことです。多くの人はすぐに効果を得たいからと傾斜をたくさんしたいと感じますが、まずは1週間様子を見てそれでもまだ変化が見られないようならば、再び注射をするのが基本です。ちなみに注射一本当たりの料金は\10000から\20000ぐらいになります。小顔にする場合には、エラの筋肉の部分に行きますので、右と左に一本ずつないしは2本ずつ打つのが基本です。

Copyright© 2020 施術の種類にはどんなものがあるのかやクリニックの選び方について紹介 All Rights Reserved.